会長挨拶

皆さん、こんにちは。ホームページへのアクセスありがとうございます。旭川地区サッカー協会会長

昨年は旭川地区サッカー協会設立70周年という節目の年でありました。その歴史に新たな一歩を加える年を迎え、皆様と共に心を一つにして協会運営に当たりたいと思います。

東光スポーツ公園には照明設備も完成し、サッカー環境は順調に整いつつあります。

しかし、まだまだ必要な整備がありますので皆様のお力をお借りして一つ一つ解決して参りたいと思います。

さて、今年は1990年から始まりました水原市(韓国)との交流事業(相互訪問)が15回目を迎え、今回は旭川での開催に成り、本年8月下旬に開催されます。

それに伴い、旭川市とユジノサハリンスク市(ロシア)との姉妹都市提携50周年を記念して、他の友好都市ハルピン市(中国)・九州の南さつま市を加えた(日・韓・中・露)の4か国5都市による国際親善交流行事にして頂きたいとの旭川市の要請を受け開催することに成りました。

国際情勢が混沌とする中ですがスポーツに垣根はございません。子どもたちに未来を託すとともに、世界の平和を願いつつ交流を行いたいと思います。

また、旭川地区のサッカー環境の充実に伴い各種大会開催の要請が益々増えて来ております。

協会並びに各カテゴリーにおいては、今年も多くの事業が展開され、大変厳しいスケジュールが組まれておりますが皆様のご協力を頂きながら理事・役員と共に運営に努めて参ります。

皆様のご支援ご協力を頂きますようお願い申し上げ、サッカー関係者の全ての皆様のご健勝・ご多幸を祈念し、ご挨拶と致します。

旭川地区サッカー協会 会長  太田 英司

2017.4.1